【手軽でコスパ◎】宅配食「まごころケア食」レビュー【健康的な食生活】

フードサービス

「人生100年時代」

と言われる現代。

 

充実した人生を
送るためにも、
毎日の食生活に
気を使うことが重要です。

 

高齢者の方のみならず
若い頃から
「健康的な食生活」
を習慣にする
のがベストです。

 

しかし、現実は
手軽な「インスタント食品」
「コンビニ弁当」に偏よったり

していませんか?

 

自炊であっても、
「栄養バランスのとれた料理」
を作ることって、

時間・手間・知識が必要になるので
 「継続的な習慣」にするのって
難しいですよね。

 

そんな悪しき食習慣
断ち切るのにおすすめなのが
「宅配食・宅配弁当です。

 

管理栄養士が監修しているものも多く、
「健康的な食生活」を手に入れるための
「強い味方」になります。

 

以前は高齢者や生活習慣病を患った方への
「栄養管理食」としての側面が強かったのですが、
手軽で味の良いものも増えています。

 

よって、
「時間の確保」「健康管理」を両立したい
忙しいビジネスパーソンの
そしてこのブログで取り上げる
フリーランスさんの
強い味方になると確信しています。

 

実際、だいすけも独立準備や本業が忙しいなか
積極的に取り入れています。

 

前回はこだわりの激ウマメニューが手軽に楽しめる
宅配食サービス「NOSH(ナッシュ)」を紹介しました。

 

元スーパー店長が解説 宅配食なのに超美味いNOSHが合うのは〇〇な人
日々忙しい生活を送っているあなたにお勧めしたのが、レンジでチンするだけで食べられる宅配食。その中でも健康と味の両面に拘ったフードサービス「NOSH」をだいすけが実際に利用してみたので、レビューしてみました。

 

記事はこちらです。

 

今回は新たに「まごころケア食」という
宅配食サービスを利用したので
レビューしていきたいと思います。

 

まごころケア食の総評

 

利用してみた率直な感想をまとめて見ました。

 

良い点

・コストパフォーマンス業界トップクラス
・健康志向の強いのユーザーがよろこぶコース満載
・柔らかく嚥下しやすい絶妙の柔らかさ
・驚愕、唯一無二のサービスが便利

 

気になる点

・料理の味とボリュームはすこし不満
・アレルギー対応が出来ない

 

それぞれについて、
掘り下げていきますので、
気になったあなたは
そのまま読み進めてくださいね。

 

「まごころケア食」ここがすごい!!

 

コストパフォーマンス業界トップクラス。

 

数ある宅配食サービスの中でも
トップクラスにリーズナブルな
料金体系です。

 

衝撃の送料無料




なんと言っても、
全国配送料無料(沖縄県と一部の地域を除く)
なのが利用しやすい
最大のポイントです。

 

宅配食サービスの
配送料の相場ですが
安い所で400円前後、
高い所だと1,000以上
です。

 

一方、
宅配食の一食分の相場は
500円台~600円台です。

 

つまり配送料は
1食分~2食分の送料
が相場となります。

 

配送料無料のサービス
であれば1~2食分、
既に他のサービスより
コスパに優れている
と言う事になります。

 

リーズナブルな料金体系

 

1回に頼める食数は
7食・14食・21食の中から
選ぶことができます。

 

食数が多い程、
一食当たりの単価が安くなります。

 

また、単発で頼むか
定期配送で頼むかを、

それぞれ選択できます。

 

いまなら
定期便のみ一回に付き
180円の値引きになるので

さらにお得です。

 

21食、定期配送で頼むのが
コスパ最強となります。

塩分制限食やカロリー調整食など
コースによって一食単価が違います。

 

 

今回は、一番ベーシックな
「健康バランス」コースで見て行きます。

 

こちらが料金表です。

 

単品購入定期便
金額1食あたり金額金額1食あたり金額
7食セット4160円594円3980円568円
10食セット5480円548円5300円530円
14食セット6880円491円6700円478円
21食セット9880円470円9700円461円

定期便の21食セット。1食あたりの単価が安っ!!

料金は21食セット・定期配送で

1食461円と言う事で。
かなりリーズナブルです。

 

健康志向の強いユーザーへ向けたセットプランが豊富

 

まごころケア食はユーザーの希望に合わせた
セットプランを豊富が豊富に用意されています。

 

5つのセットプラン

 

①健康バランス食
②カロリー調整食
③糖質制限食
④塩分制限食
⑤タンパク調整食

 

他のサービスと比較すると
「タンパク調整食」がかなり珍しいかなと思います。

 

タンパク調整とは?

 

タンパク質と言えば
健康な体を作り上げるのに
必須な要素で「糖質」や「脂質」ほど
悪者扱いされているイメージは少ないです。

過剰摂取が腎臓への負担をかけるので、
腎機能が弱まっている方は
調整の必要があります。

 

宅配食「まごころケア食」実際に利用してみた

 

試しに、健康バランス食の
7食タイプを頼んで見ました。

 

 

こんな感じで7食届きます。
(画像は6食・・待ちきれず1食食べてしまいました)

 

・メバルの彩り中華ソース弁当

・家常豆腐(四川料理。揚げた豆腐を使った、優しい味の麻婆豆腐に近い料理)弁当

・アジメンチカツ弁当

・和風ハンバーグ弁当

・牛肉と野菜のオイスター炒め弁当

・カレイのオニオンソース弁当

・チキンステーキ弁当

 

の7食です。

 

実際に食べてみた。

 

3分レンジでチンするだけ
めっちゃ手軽です!!

 

 

出来上がりはこんな感じです。

本日は和風ハンバーグ定食を
食べて見ました。

副菜にはキャベツと
豚肉を煮びたしにしたものと
おから、オムレツがセットになっています。

 

「それではいただきま〜す。」

 

 

「まごころケア食」気になる点。

 

主菜のボリューム感が不足

 

「主菜」のボリューム感
やや物足りなく感じます

 

「健康的」な食生活を送るために、
「腹八分目」の週間は不可欠です。

 

「ボリューム不足」ととらえるか、

「適正な食事の分量」ととらえるか、
難しいところです。

 

難しいところではあるんですが、
他のサービスと比較して

「やや少なめ」と感じました。

 

「味」に関しては「ごく普通」

 

「すごく美味しい」という水準には
まだ達していないというのが
率直な感想です。

 

「栄養のバランス」を考え

レシピを作る事は
相当に難しい事なのだなとも思います。

 

料理に対して
味を最優先と考える方には
やや厳しい内容
かもしれません。

 

しかし、「健康的な食生活」
と「手軽さ」そして
「リーズナブルな価格」
をメリットと感じる方なら
利用する価値はあると思います。

 

メニュー選定ができない

 

メニューはあらかじめ、
決められたものが届きます。

 

最近のフードサービスは、
好きなメニューを選んで

カスタマイズできるものも増えているので、
こちらはデメリットだと思います。

 

好き嫌いの問題ならばまだしも、
アレルギーを抱える方にとって
安心して利用するには難があります。

 

まだまだある!「まごころケア食」ここがすごい!!

 

 

柔らかく嚥下しやすい

 

「まごころケア」食は、
高齢者の利用を
強く視野に入れた
サービスと言えます。

そのため「全体的」に料理が
柔らかく飲み込みやすく仕上げております。

味付けの優しさも手伝い、
「高齢者」への食事として
利用するのにもおすすめです。

 

驚愕、唯一無二のサービスが便利

 

「こんなサービス、他では見たことない」

 

度胆を抜かれたのが
「冷凍庫」
無料レンタルサービスです。

 

冷凍庫レンタル / シルバーライフ
【まごころケア食】はカロリー調整食、糖質、塩分制限食などもご用意。まごころ弁当、まごころ食材も運営する株式会社シルバーライフ。管理栄養士監修で送料無料。人気の「まごころ定期便」。糖尿病、腎臓病のお客様にも優しい食事メニュー。保存に便利な冷凍タイプで全国宅配。

 

 

これは他のサービスを使っていて、
感じたことなのですが、
宅配食は一食一食
結構大きめ
なのです。

 

なので、
「10食」「20食」
一度に頼んだところで
家庭の冷蔵庫だと
冷凍庫に収納しきれないんですよ。

 

 

そう考えると、
冷凍庫貸出サービスは
他の宅配食サービスには無い
ものすごいメリットだと思います。

 

なお、「冷凍庫」のレンタルサービスは
14食・21食の定期便利用者

限定との事です。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか
今回は数ある宅配食サービスの中から
「まごころケア食」を
ご案内いたしました。

 

コストパフォーマンス、
利用のしやすさ・手軽さは
業界でもトップクラスの
サービスと言えると思います。

 

「高齢者」への利用が
メインのサービスとは
思いますが、

 

「健康志向が強い方」
「仕事や育児で忙しい方」
「もしくはその両方」

には、是非利用して頂きたい
中身となっております。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
[code lang=””php””]<?php trackback_url(); ?>[/code]