夫婦喧嘩を通して学ぶこと(はじめに)

夫婦喧嘩家族

北海道在住のだいすけと申します。脱サラし、家族で海外移住を目指すアラフォーサラリーマンです。本格的にブログ執筆していきたいと思います。

前回、自己紹介という記事を書き、今後のブログの方針を打ち出しました。ひとまず、次回の記事では「夫婦ゲンカ」を取り上げてみようと思います。

今回の記事はその前フリです。夫婦ゲンカについては、以降、前編・中編・後編に分けて書いていきます。

この記事は

・夫婦ゲンカでつらい思いをした方。
・今もケンカが発端となりパートナーとぎくしゃくしている方。
・これから結婚を考える方

 

そんな方に、読んでいただければ嬉しいです。

突然ですが、配偶者とケンカしますか?

私達夫婦は結構ガチンコで、夫婦喧嘩をやりあいます

頻度は多いかな?少ないかな?他人と比べたことが無いので何とも言えないのですが・・かといって、決して仲が悪いわけじゃない。むしろ仲良し、いや絆を感じています。

「だいすけさんが一方的に絆感じてるのでは・・・?」と言う声が聞こえてきそうですが・・・。

我が家ではお互いに「最良の相手だね。」と言葉にして言い合ってます。

あはは・・・・(苦笑)のろけるわけじゃないですけどね・・・・。

基本的に私の方は感情をストレートに出すことが苦手なタイプなのに対して、妻の方は感情表現が上手なタイプなんですが、夫婦が正反対のタイプでも良好な関係を築けるので大丈夫ですよ。

話が脱線したケンカの話に戻ります

ケンカって、その最中はめっちゃ腹たつしつらいしで、嫌なモノであります。できる事ならなるべく避けたいのが本心です。

ですが、ただの嫌なモノに終わらしておくにはもったいない「学びの宝庫」だと思っています。

そして私たちの関係は、依存し合っているのではなく同じ志・目標に向かっている「最良のチーム」としてとらえております。

つまるところ、もともと他人であった2人が「妥協のない理想の生き方」を実現しようと思っているので、ケンカと言うものは必要だとさえ思っています。

どちらかが譲歩していたらそれは幸せとは呼べないです。

フリーランスを志すようになってから、自分も家族も、精神面で大きくアップデートされました。

これは一重に夫婦でバチバチとやりながらも、ただケンカを罵り合いに終わらせることなく、深く学びあえた結果だととらえてます。

ケンカだけじゃないよ

「精神性」や「ライフスタイル」。私達の夫婦関係は客観的に見て「すごーく変わっていて面白い。」そう思います。

この個性の強い2人が他人の状態から恋愛をして結婚しかけがえのない2人の子供を育て、チームとして同じ目標に向かっている。

これはなかなか奇跡だと思っています。

今回は決意表明でおしまい

次回、「夫婦喧嘩を学びに変える」と言う記事では、自分たちのケンカをさらけ出してみたいと思います。

こんな夫婦・家族もあるんだ笑っていただければ書いた甲斐が有ります。

「前編記事はこちらでどうぞ」

夫婦喧嘩を通して学ぶこと(前編)
夫婦喧嘩はつらい物だしできれば避けたいものですが、もし避けてばかりでいいたい事を言わず溜め込んでいるならば 決して健全とはいえません。この記事では夫婦喧嘩を学びに変えて行こうというポジティブなマインドの元、自分のケンカを さらけ出し小説風に仕上げました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
[code lang=””php””]<?php trackback_url(); ?>[/code]