夫婦喧嘩を通して学ぶこと(前編)

家族

※この記事にはだいすけと言う男の、器の小ささ・情けなさが含まれています。ご注意下さい。

だいすけです、皆様は「パートナーとのケンカ」されていますか?私は時々ですが、妻と激しくケンカをすることがあります。

ケンカとは本当につらい物ではありますが、よくよく考えると「学びの宝庫」でもあります。このかけがえのない「学び」を是非是非共有したいとおもって記事にして見ました。

この記事は・・


・パートナーとの衝突が怖くて自分を抑え込んでしまう方。

・パートナーとケンカをしてつらい思いをしている方。

 

こんな方に是非読んでいただきたいです。

結論から言っちゃうよ

結論ですが、私はこのケンカによって、

「自分の過去のトラウマが癒えておらず、顕在化してきている」と言う事を学びました。

これは何も特別なモノじゃない。トラウマと言うと大げさに聞こえるかもしれませんが、実は誰しも陥りがちだと思います。

良くケンカの際、過去を引っ張り出して相手を責めた事が有りませんか?

つまり「思考の中で、過去がこうだったから、今目の前で起きてる出来事もこうだ」と決めつけ、過去と今を結び付けて粗を探そうとしている状態です。

その過去には、今揉めている相手が関与している場合も、まったく関係ない場合もあります。

いずれにせよ、気をつけておかなければならないのは

怒りの原因は「相手」に有るのではなく「自分」にある

ということです。

ケンカ発生!!

妻のビジネスの関係でとある都市へ遠征に行った時の事です。遠征の目的は妻が、メンターの先生からヒーラーとして必要な技術を学びに行くと言うことでした。

私は妻がメンターと会っている間、子供達と遊んでいる事にしました。

当初妻から伝えられたのは


・3時間位になる事
・終了後、電話してくれること。

 

そして、子供達と動物園へ行きました。

あっという間に約束の3時間がたちます。

妻からの電話は無かったのですがあまり気にせず、4時間程時間をつぶし、先に待ち合わせの場所へ向かう私。

「まあ、時間通りに終わらないことはあるよな。4時間たったし、そろそろ電話来るんじゃないかな。」

と思った矢先、ケータイに奥さんからの着信が。電話を取る私。

私「終わったの?」

妻「もうちょっとかかりそう。近くの本屋で時間つぶしててくれない??」

私「えっ??」

ここでパチンと怒りスイッチが入りました。

「もうすでに約束の時間1時間もすぎてるよ。いったい何時になるんだろ?」

「遅れるならもっと早くに電話くらい入れてよ。」

「夕飯早く食べられると持ったのに、ああ、おなかすいた。」

心の中でいろいろな気持ちがわき上がります。なのに怒りを飲み込む私です。

ダメなんですよ、家族にすら怒りをストレートに出せないんです。

怒りを溜め込むと恐ろしい事になるよ。

 

いったん飲み込む→でも納得できない→でもはっきり言わない→でも納得できない・・・・・

このサイクルで消化できない気持ちが肥大化し、怒りってものはどんどん増幅していきます。

しかも怒りを溜め込んでるの事を隠すことも出来なくて、表情・態度にまで出てる出てる。

なのに黙る・・・。

なんて小さい男なんだだいすけよ。それじゃあ「察してちゃん」だぞ。書いてて悲しくなります。

もちろん相手には既に、「怒り」という「意図」が伝わってるんです。

そんなこんなで、結局相手側もその意図を感じとって

「えっ・・言いたい事有るの?」ってなるわけです。

「じゃあいうけど・・・」って結局ケンカになるんかい!!

学びその①感情は溜めるな、すぐに吐き出せ」
学びその②溜めたもんは、黙っていても意図として伝わるぞ」

そしてバトルへ・・・・

帰りの車の中でバトルです。2時間の帰路、車中では口論が繰り広げられます。ほんと子供にとっては迷惑だよね。

「ごめんね・・・。」

夫婦喧嘩の内容は・・・まあ、上げ足の取り合いと言う感じですが、まあ、概ね言い分としてはこう。

私→妻「時間を守ってほしい、遅れそうなら事前に連絡が欲しい」

妻→私「言いたい事が有るなら溜めないで言ってほしい。」

いったん双方がお互いの言い分を理解し、今後はそこを改めて行くことで、その日の夜は納得したかのように見えました。

・・・・しかし翌日朝起きて、

「だめだ、もやもやが膨れ上がってる」

まだ心の底から納得できてない。怒りが昨日より大きくなってんです。

職場に出勤しても、もやもやがとまらない。ずっと昨日の事を考えている様だ・・・

 

そしてこの後、ひきずる男だいすけがさらに暴走します!!

なんて煮え切らない男だ。何がそうさせるのか??

次回「中編」であいましょう。

 

夫婦喧嘩を通して学ぶこと(中編)
前回、夫婦喧嘩の発端について触れました。こちらが中編です。喧嘩が丸くおさまったかのように思えたが、自分の中で消化不良を起こしました。 喧嘩を掘り起こすか、蓋をするか2択を迫られた男の葛藤とその後の行動は・・・・?

 

中編記事はこちらです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
[code lang=””php””]<?php trackback_url(); ?>[/code]