【スーパー元店長厳選】フードロス解決型通販サイトまとめ

フードサービス

皆様はフードロスと言う言葉をご存知ですか?「本来食べられるのに、捨ててしまっている食品」
のことです。

スーパーマーケットに勤めるだいすけは毎日たくさんのフードロスを目の当たりにしています。

「売れ残ったお惣菜・期限の切れた加工食品」

自分がフードロスの増加に加担しているような気持ちで毎日を過ごしています。

いや・・実際に加担しているんです・・

これはとても辛いことです。

痛ましいのは、食品そのものだけでなく食品が産み出されてから、廃棄されるまでの間に「多くのエネルギーが消費されている」と言う点です。

自分の子供達の世代・・そしてその先の世代まで「豊かな地球環境・豊かな資源を残すため、
自分にできることはないか?」

そんな中、活発なのがフードロス商材を集めて販売している通販サイトの存在です。

だいすけも、こうしたショップを利用することでフードロス削減に貢献したいという思いを持っております。

今回は、数あるショップの中から元スーパーマーケット店長の目線と一般消費者の目線、両面からそれぞれのショップの特徴や、強みを紹介して行きたいと思います。

(厳選)フードロス商品を扱う通販サイト4選

これから、4つのオンラインショップを紹介します。
「商品のラインナップ」「価格」
「サイトの利便性」「カスタマーサービス」

などを考慮し厳選させていただいたサイトばかりです。

1 生鮮食品特化型フードロス通販サイト『豊洲ichiba』

最初に紹介するのは野菜・果物・鮮魚等生鮮食品に強い
『豊洲ichiba』です。

生鮮食品は規格に適応したものが、小売店に流通し「大きさ」「傷」「形」等々、規格に沿わないものは、安値で加工会社に回るか悪廃棄されているのが現状です。

そんな、品質、味に問題ない(と言うより良質な商材)を、お買い求めやすい価格にて購入できるサイトです。

良い点

新鮮な生鮮食品のラインナップが充実(一部珍しい加工品もある。)
とにかくおいしそうな生鮮食品がぎっしりです。

サイトの利便性が良く買い物の際ストレスフリー
全商品を人気商品順で並び替えられるなど、選択に迷った際に助かります。

支払いの方法が豊富
カード払い・AmazonPay・代引・銀行振り込み可能です。

のしがけ対応可能商品あり
贈答用の対応もできます。

ポイントに有効期限がない。(1ポイント=1円)

気になる点

お買得価格なのかの判断は難しい
生鮮品は常に相場が変動する為だと思いますが、参考価格の明記が無く、素人目には安さの判断がしづらいです。

総評

気になる点に挙げたポイントは生鮮食品の特性上、致し方ないものです。価格に関して安いか高いかは、
生鮮品に詳しい方でないと分かりづらいものもあります。

ただし、近所のスーパーで買うことのできない、珍しい生鮮品が買えてかつフードロスに貢献できる
となれば利用したくなりますよね。

2 フードロス通販+学び『ロスゼロ』

『ロスゼロ』はフードロスやSDGs関連の記事が豊富で、知識を深めながら、オンラインショッピングも楽しめるサイトです。

良い点

利用者との距離が近いサイト。
スタッフの雑記、フードロスに関する記事がブログ形式になっていて親近感があります。

提携の食品メーカーさんを大切にするサイト
商品の提供元である提携のメーカーさんをサイトや、メディアでも紹介したりと良い関係が築けている印象でした。

少数精鋭・こだわりの商品取り扱い。

 

気になる点

取扱いアイテム数とややボリューム不足。
2020年11月25日現在26品と少なめではあります。

送料無料の条件のハードルが高め
1万円以上購入が条件です。(チルド商品と常温商品は合算できない。)

総評

通販サイトとしての規模はまだ小さいですが、学べるコンテンツが豊富で飽きさせないサイト設計となっております。

また消費者・提携のメーカーさんとの関係性が良いのが解ります。

今後の成長性はものすごく期待できるサイトだと感じました。

3 結婚式の引き出物サイト『PIARY』が贈るフードロス通販サイト

『PIARY』はコロナ禍の中、結婚式のキャンセルが相次いだため関連のメーカーさんを救うために特設サイトが立ち上げられた模様です。

よって、扱う商品は引き出物のフードロス商品という一風変わった通販サイトです

 

良い点

特集企画が秀逸
・デイリー使いに最適、乾麺・味噌汁セット・スープセット等がお買い得価格『常備グルメ』
・ちょっとづつ、多品種で味わう高級菓子の詰め合わせ、送料無料『プチギフト・フードロス』
・高級レストランの味をご自宅で『グルメフード・ロス』

『常備グルメ』特集は割引率も高くお買い得!

気になる点

全体的に単価は高め
ギフト品がメインなので先に上げた『常備グルメ』特集のアイテムを除けば単価は高めなので気軽に利用とはいかない面もあると思います。

総評

「結婚式における引き出物等のフードロス」というスポット的な着眼点が他との差別化になっています。

コロナが猛威を振るう中、それぞれの業界が、構造上の原因でフードロスを抱えているという点は
無視できない事実だと思います。
そういう点でこのサイトの在り方は
他の業界にむけ、今後のモデルとなるのではないでしょうか?

4 流通・小売業における訳ありフードロス商品削減の救世主『Otamesi』

まさに私が従事するスーパーマーケットをはじめとして、小売・流通業が発生させているフードロスをまとめ上げ、一般消費者に提供する通販サイトです。


半額以下商品多数!社会貢献型サンプリングサイト【Otameshi】

良い点

・2000点を超える商品ラインナップ

・購入と同時に商品ごとに設定された寄付金を、指定の団体先に寄付できる。
フードロス削減+寄付を同時に行えて、貢献の実感が味わえます。

・寄附金が上乗せされているにもかかわらず、価格設定はかなり安い。

・3980円以上買うと送料無料(他サイトとの比較でも好条件)

気になる点

・現金代引、銀行振り込みの支払い手段が利用できない。

・ポイントの失効が早め。(最後の買い物から2ヶ月)

・冷静に計算するとさほど割安と言えない商材も混じっている。

・20個入りなど大ロットの商品がやや多めなので、物によっては買いづらい。

総評

日常スーパーで見かける商品が多めで、普段から利用できる雰囲気で、他サイトと比較しても敷居が低いのが魅力だと思います。

ただしケース販売が中心なので、個人では消化が大変に思えるものもいくつかありました。(その商品を毎日食べても飽きない人向け)

このサイトの醍醐味は商品ごとに、寄附金が可視化されておりしかも寄付先を選べるということで、社会貢献の実感が味わいやすいところだと思います。

 

【スーパー元店長が使ってみた】フードロス解決型通販サイトOTAMESHI【3980円福袋】
まだ食べられるものが年金額の600万トンも処分されている「フードロス問題」。このフードロス予備軍の商品を集めて販売している通販サイトが現在多くあります。今回だいすけは、その中の一つ、通販サイト「otameshi」を利用してみました。なんとフードロス商品が買えるだけでなく、指定の団体への寄付も行えるまさに「循環型の通販サイト」です。だいすけが元スーパーマーケット店長の目線で「otameshi」をレビューしました。

 

こちらの記事で詳細をまとめています。

 

まとめ

いちご

いかがでしたでしょうか??どのサイトもフードロスという問題を、違った切り口で見つめながら作られた、良質な通販サイトです。

この記事が多くの方に読まれることで、こうしたオンラインショップの利用が拡大し、フードロスへ関心が強まることがだいすけの願いです。

読んでいただきありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました
[code lang=””php””]<?php trackback_url(); ?>[/code]